遠方の方はオンラインで売却可能です!

茅野市、原村、富士見町、地域の理解内「太陽光望まず」宣言、茅野市内森林ほぼ全域、太陽光発電設置抑制区域へ、今後山林売却買取相談は八ヶ岳移住、田舎暮らしの八ヶ岳ライフまで|不動産売却・買取の茅野市・原村の八ヶ岳ライフ

売主様向け動画MOVIE

2022/01/29茅野市、原村、富士見町、地域の理解内「太陽光望まず」宣言、茅野市内森林ほぼ全域、太陽光発電設置抑制区域へ、今後山林売却買取相談は八ヶ岳移住、田舎暮らしの八ヶ岳ライフまで

茅野市内の森林ほぼ全域野立て太陽光発電抑制区域へ』というのを説明していきたいと思います。

 

晴天率が高い八ヶ岳山麓一体の茅野市、原村、富士見町では太陽光発電の設置が進んできました。

 

一方で、豊かな自然環境を求めて全国、特に首都圏、名古屋圏大阪圏からは移住者さんが田舎暮らしやテレワークしていただいております。

移住者さんからは

「太陽光発電があると環境や景観が削がれてしまって残念である。」という声が聞かれました。

 

また近年災害が危ぶまれる世の中になってきました。温暖化に伴い局地的な大雨が降ってるということが主な原因かと思われます。

 

そこで茅野市、原村、富士見町は太陽光発電について、『地域の理解を得られない太陽光発電は望まない』という宣言をしました。

八ヶ岳西麓の豊かな自然環境と共生する未来に向けた共同宣言を発表しのです。太陽光発電で景観、環境良い場所、山林に関しては、地域の人が反対するのであれば太陽光発電はあまり望んでないという宣言です。

 

茅野市今井市長は

「木を切ってまで太陽光パネルを設置すべできじゃないという基本スタンスがあります。」と言いました。

2022年になり、茅野市は野立て太陽光発電の市内の森林ほぼ全域に抑制区域として指定し、太陽光パネルを設置することがなかなか難しいという方針を示しました。

参考にしたのは山梨県の条例です。山梨県では、知事の許可がなければ森林の伐採を伴う区域で太陽光発電の設置を禁止することなどを条例に織り込み、それを参考にしたということです。山梨県は茅野市よりも太陽光発電設置が進んでいました。

 

一方で今後、荒廃する農地や山林が長期的に出てくることが想定されます。

太陽光発電で土地を売却しようと思っても、今の流れでは茅野市、原村、富士見町においては厳しいところがあると思います。

今後は、移住者さんに向けた土地に活用して、売却買取の相談をいただければと思います。

 

茅野市、原村、富士見町で山林の売却をご検討の方は、太陽光発電の抑制区域の情報も参考にして売却を検討していただければと思います。

茅野市、原村、富士見町で山林の売却買取は、八ヶ岳ライフまでご相談いただければと思います。

一覧へ戻る

0266-72-5880

  • 営業時間 9:00~16:00
  • 定休日  水曜・日曜・祝日

30秒で終わる

無料査定依頼

メールフォームはこちら

LINEで簡単
不動産査定

アプリをお持ちならあっという間に!

遠方の方は
オンラインで
売却可能