遠方の方はオンラインで売却可能です!

茅野市、原村、実家の空き家、畑、山林、売りたいけど売れない。八ヶ岳テレワーク移住で今はチャンス。手間がかかるものは買取、値段が高いものは仲介売却手間がかかるものは買取、値段が高いものは仲介売却|不動産売却・買取の茅野市・原村の八ヶ岳ライフ

売主様向け動画MOVIE

2021/10/16茅野市、原村、実家の空き家、畑、山林、売りたいけど売れない。八ヶ岳テレワーク移住で今はチャンス。手間がかかるものは買取、値段が高いものは仲介売却手間がかかるものは買取、値段が高いものは仲介売却

朝倉でございます。

「実家の空き家は売れるときに売却買取りのお願いを決断すべき」をやっていきたいと思います。

2018年の調査では7戸に1戸が空き家全国で849万戸空き家でございました。

空き家率は13.6%でございます

長野県は全国でワースト3位19.5%

山梨県は全国で1位21.3%でございました。

これは長野県には別荘があるということが理由のひとつでございます。

山梨県も同様に別荘が多いとうことが空き家1位の理由の一つかと思われます。

賃貸も売却もできない物件が多いという話もございます。

空き家849万戸その約半数が売却や賃貸もしてない。

つまり価値がなくほっておいて賃貸も売却もできない物件が多いということが予想されます。

所有者は60歳以上が8割弱を占めるということでございます。

こちら最も多いのが65歳から74歳の方が41%。

六十歳以上の方が8割。

相続をするのが六十歳以上になった時でございます。

長野県は5戸に1戸が空き家。

空き家が少ないのは東京埼玉県などは約10%でございます。

需要が旺盛で空き家が少ないということでございます。

 

【空き家は近隣からすると迷惑で地域の価値を下げる】

空き家は雑草や樹木が生え放題、

建物の倒壊屋根外壁が落下する。汚いところにはゴミが不法投棄される。

もしくは防犯のリスク。景観の悪化などがあり近所の人は迷惑をします。

また空き家が多いと地域の不動産の価値は下がっていきます。

その一方で新築物件は80万戸から90万戸毎年供給されてます。

これは空き家は新築物件10年分の在庫です。

そのような状況の中私は不動産価値が落ちる前に決断できるのということであれば空き家の売却を検討をすべきと思います。

不動産の売却の流れはまず、不動産の売却を考える

こんなに空き家が増えているのであれば空き家を売却しよう。

次に不動産の相場を調べます。

不動産の価値が高い空き家何千万もするのであれば仲介売却、売却価値が低いもので

掃除や解体など手間がかかるものは買取というふうに判断。

相場を調べて決断をします。

不動産会社に査定依頼訪問査定の依頼をする。

査定が届いたら不動産会社を選び媒介契約を結び不動産の販売活動をする。

販売活動をして購入者が現れたら内覧のなどのお願いをする。

内覧のあと、購入をしたいという希望があれば売買条件を交渉して売買契約をします。

売買契約後ローンなどがあれば、ローンなどを結んでもらって引き渡しを行います。

引渡しが終わったら譲渡所得などの報告を確定申告する。

という流れでございます

今回は実家の空き家売れる時に売却買取相談を決断すべきというのをやらせていただきました。

空き家は増加中ですが今はテレワーク移住、密を避けるべく地方の空き家の需要は増えておりますのでこの機会に売却買取のお手伝いをさせていただければ幸いでございます。

茅野市、原村で不動産の売却買取を希望のお客様は

八ヶ岳ライフと検索していただければと思います。

ご視聴ありがとうございました

一覧へ戻る

0266-72-5880

  • 営業時間 9:00~16:00
  • 定休日  水曜・日曜・祝日

30秒で終わる

無料査定依頼

メールフォームはこちら

LINEで簡単
不動産査定

アプリをお持ちならあっという間に!

遠方の方は
オンラインで
売却可能